ヨーロッパ編

日本では、脱毛は女性の身だしなみの一部と捉えられていますが、ヨーロッパなどにおいてもエチケットとして積極的に行われているようで、特に女性は美容に対して敏感であるため、エステサロンで処理することが当たり前とされています。
主に行われているのはワックス脱毛で、自宅で行う場合は、電気シェーバーかワックスを使用することが一般的なようです。シェーバーやワックスは、カミソリと違い、手軽で安全性も高く、肌を傷付けるリスクも少ないという特徴があります。
ゴルフ02ただ、シェーバーやワックスは、効果が持続しないというデメリットがありますが、気にするようなことではなく、伸びてきたらまた処理をすればいいと考えられるため、日本のように永久脱毛をする人は少ないようです。
女性の考え方として、脱毛やメイクを男性に気に入られるために行うのではなく、自分自身の美しさのために行っているという意識が多い炒め、モデルや芸能人などのように人前に出ることを職業としている人以外は脱毛施術を受けて肌をキレイにするというこだわりはそれほどないようです。
近年は、ブラジリアンワックスが流行しており、面積の少ない下着や水着を美しく着こなしたいという人に人気があるようです。デリケートゾーンのケアは特に重視され、男性もブラジリアンワックスを受ける人が増えている傾向にあります。

Comments are closed.